よくあるトイレトラブル

排水が流れにくい

2017年03月29日 15時16分

排水が全く流れないわけではないが、流れにくいというケースもあります。
この場合、流れなくなってつまるわけではないため、そのまま使うという人も少なくありません。
しかし、症状が悪化してしまう前に何とかするべきです。
「用を足すときに、自分の知らないうちにお尻のポケットから何か落としていたり、他に異物を落としている」
場合があります。
この場合気付いていないため、そのまま水を流すことになりますが、
そうすると排水管のS字曲線「トラップ」部分に引っかかってしまい、排水管の幅を狭めてしまうことになります。
その結果、流れが悪いということになるのです。
一応は使えるため放っておく人もいますが、放っておくと、大量のトイレットペーパーや汚物が流れてきたときに
水が溢れる原因にもなってしまいます。
今までスムーズに水が流れていたのに、急にコポコポという音がした場合は要注意です。
排水管のトラップ部分に異物がある場合は、業者に依頼して取り除いてもらう必要があり、
10,000円以上の修理代金がかかる場合もありますので、物を落とさないように注意しなければなりません。